ご飯をサランラップで巻くのは危険で有害物質が発生するのか気になった

サランラップが安全なのか気になったキッカケ

我が家はご飯を炊いて余ったものは、サランラップで巻いて冷凍保存しています。

必要な時には、電子レンジでチンして食べるわけですが、時々レンジで温める時に加熱をしすぎてラップが縮んでしまう時がありました。

うーん、目に見えないのですが、このラップが溶けて有害物質とか出てないかな?溶けたものがご飯に付いてないのか?と、ふと気になり、健康的に問題がないのか気になったんです。調べてみる事にしました。

サランラップは有害物質を出すのか?

結論から言うと、体に有害な物質は発生する事はない意見が多く見られました。

ダイオキシンみたいな有害物質は、250~400度の温度で起こるらしく、120度前後までした温度が上がらない電子レンジではまず発生しにくいそうです。

サランラップが溶けたり縮んだりしても大丈夫?

揚げ物など油が多い食品や、かぼちゃのような水分が少ない食品をチンすると、食品そのものの温度がサランラップの耐熱温度を超えてしまうケースがあるそうです。

そうすると、サランラップが溶けたり縮んだりしますが、特に体に有害な物質は出ないので問題ないそうです。

心配性な方は無添加のサランラップが良さそう!

サランラップの有害な物質について調べてきましたが、サランラップの中にはラップの素材を軟らかくし、伸びがよく、食器にピッタリとくっつきやすくするための添加物が含まれている商品も存在するそうです。

そうした添加物が食品について体に入るのが少しでも心配な方は、無添加のサランラップを使うのが無難なようです。

我が家にも小さい子供がいるので、パッケージに無添加と記載されているラップを使うように気を付けています。

因みに、我が家では近くのドラッグストアに売っているポリラップを使ってます。

ポリラップ(無添加)

created by Rinker
¥412 (2024/05/29 19:52:24時点 楽天市場調べ-詳細)

バランスラップ(無添加)

繰り返し使えるシリコンラップにも添加物の有無には要注意?

無添加ラップだけでも十分ですが、最近はゴミを減らすために再利用や繰り返し使えるシリコン製のラップもあります。

ただ、その素材に使われるシリコンにも体に有害な物質が混ぜられているケースも昔あったそうですから、きちんとした無添加シリコンで作られたラップを選ぶことも大切です。

ただ、シリコンの商品の原材料表記を見ても、シリコンゴムとしか書いてない場合が多く100%ピュアシリコンと謳っているものが数少ないのが現状です。

そんな数多く売られているシリコンラップの中でも、fungooのシリコンラップだけは安心して使えそうです。

厚生労働省指定検査機関の検査済みですし、世界基準の衛生検査(米国FDA検査、欧州LFGB)もクリアしているとパッケージに記載されていましたので。

まとめ

今回は、何気なくサランラップについて調べてみたのですが、添加物が含まれているのは知りませんでした。添加物=悪のイメージがどうしてもありますが、ケースバイケースだともいわれています。

ただ、個人的には安全だと言われていてもそうしても疑ってしまうもので、我が子にはなるべく安全なものを口に入れたい思いから、無添加ラップを取り入れるようにしました。

昨今のSDGsの観点からも、無添加のシリコンラップの存在も気になりましたので、買ったら併用するのも良さそうだなとも思いました。